太陽光発電のシステムで、キレイでやさしい電気を

エコライフ宣言

電気を生み出す光

葉っぱと青空

太陽光発電とは、東から西へ1日かけて移動する太陽の発する光を、電気に変えるというシステム。「光」から「電気」を生み出すというそのメカニズムについて、押さえておこう。

» 詳細を確認する

光を吸い込むパネル

ソーラーパネル

太陽光発電を考える上で、そのシンボルとも言える「ソーラーパネル」の存在について述べないわけにはいかない。家の屋根の上に高々と掲げられたこのパネルが、クリーンなエネルギーを生み出すカギ。

» 詳細を確認する

おトクな発電

一本のひまわり

太陽光発電システムを設置すること。それは、家をひとつの「発電所」にすること。家は、電気を消費するばかりの場所から、生み出す場所となる。住んでいる人にとってはおトクな特典を、そこから見出すことが可能。

» 詳細を確認する

設置する業者

ソーラーパネルと作業員

太陽光発電を可能とする設備を家につけてくれる業者を選ぶこと。このステージをしっかりクリアすることが、クリーンなエネルギーを家庭で利用するというゴールに至るために絶対に必要不可欠なこと。

» 詳細を確認する

やさしい電気

大きなソーラーパネル

太陽の光

「あの人は、まるで太陽みたいだ」
この言葉には、どんな感情が込められているだろう。
たとえば、太陽とは近づいただけで僕らの肉体が一瞬にして蒸発してしまうというほどの恐ろしい高温を秘めた天体。それをイメージして、「暑苦しいやつだ」と言っているのだろうか。
それとも、長い夜が明けて東の果てからぼんやりと、次第にくっきりと現れるあの光のように、暗い地面に道をつけてくれるあの光のように、やわらかな暖かさに満ちた優しさをイメージしているのだろうか。

少なくとも、ここでは後者のイメージで、「太陽」については捉えたい。何しろ、ここでテーマにするのは太陽光発電。
「電気を生み出す」という方法について、さまざまな議論がたたかわされている今、太陽光発電は特に注目されている発電方法なのだ。なぜなら、この発電方法は、「やさしいもの」だから。

廃棄物なし

火力発電や電子力発電、あるいは水力発電にしても、それにはかなり綿密なプラント設計と、発電所の維持が必要だった。
火力や原子力、水力を使ってタービンを回し、電気を生み出すというそれらの方法は、確かに僕らの文化に光をもたらしたけれど、他方では未だに解決されぬ数々の問題をはらんだものでもあったのだ。
ここで、そのデリケートな問題についていちいち取り上げることはしないけれど、少なくとも太陽光発電はそういった「問題」とは無縁のもの。

僕らの文化は、僕らを含むあらゆる生命を絶滅させることが出来るほどのパワーを使いこなすことが出来るようになったけれども、でもそのテクノロジーはまだ100%安全なものとは言いがたいようだ。
そのことが明らかになった今だからこそ、太陽光発電は注目を集めているのだ。優しい太陽の光が、優しい電気を作りだすという、このテクノロジーが。